タイトル_郷土の偉人
第10回 須藤 憲三

 黒江太郎は明治四十三年宮内に生まれました。
 大正六年宮内小学校に入学、同級生に後に小説家になった小田仁二郎がいました。四年生の時の担任、田島賢亮の影響で太郎少年の文学への想いが芽生えたようです。
 大正十二年米沢中学校に進学後、昭和三年日本歯科医学専門学校に入学。すぐ校内の富士短歌会に入会、太田水穂に師事しました。やがてアララギの歌人斎藤茂吉に傾倒し、茂吉の第一歌集『赤光』を借りて全八百三十二首を暗記したそうです。
 昭和七年日本歯科医専卒業、同十年宮内の自宅で歯科医院を開業しましたが、その間にも歌道に精進し、同十三年歌集『山径集』、十六年『すがな』を出版、同十九年には「アララギ」に入会しました。
 そして同二十年十月には上山市金瓶に疎開中の斎藤茂吉を訪問し、以来二年にわたり直接歌作の指導を受けました。
 昭和二十一年九月、原知一と共に「宮内アララギ短歌会」を興し、歯科医業のかたわら歌道に精進しました。同三十一年歌集『湖盆』を出版、また後進の指導にもあたりました。
 一方、斎藤茂吉の師である佐原窿応や小滝出身の漢学者漆山又四郎の研究も進め、昭和三十三年『窿応和尚』、四十一年『窿応和尚と茂吉』を、三十六年『評伝漆山又四郎』を出版しています。
 他方、郷土史研究も進め、三十七年には「宮内文化史研究会」を結成、同志と共に『宮内文化史資料』を三十集まで出しつづけ、その間に四十年『宮内の文化財』を、五十一年『宮内熊野大社史』なども出版しました。
 このような業績が認められて、昭和四十三年山形県教育功労者表彰、四十四年第十五回斎藤茂吉文化賞を受賞。昭和五十四年七月六十八歳で亡くなりました。

宮内熊野大社境内に
  しづかなる日のさす苔にうづまりて
    平たき石は朝より乾く

の歌碑があり、黒江太郎の業績を讃えています。

次回は「松木幽甫」です。


文:南陽市史編集資料執筆担当 須崎寛二


黒江 太郎(くろえ たろう)
出身地:南陽市宮内
生没年:1910-1979(享年68歳)

昭和43年山形県教育功労者表彰。
昭和44年第十五回斎藤茂吉文化賞受賞。



ページ上部へ